地元で出会った不倫相手と恋愛中(45歳 男 医療関係)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元で出会った不倫相手との出会いをお話しようと思います。
現在私は45歳。不倫相手は41歳です。もちろん両方とも既婚者です。
結構真面目な2人が出会って恋愛するようになるまでにはいろいろな事がありましたが、今はまあ幸せなので良しとしましょう。それでは私と彼女が出会ったきっかけを語ります。

出会いは出会いアプリでした

ひょんなことから出会いアプリには登録していましたが、どうすればいいのか全く分からないほど私は奥手でしたのでしばらくは、色んな人のプロフを見るだけで満足していました。
主に私の地元である、千葉の女性のプロフを見ているだけだったのですが、何日か経った後私にメールが届いたのです。
プロフを見ると足跡というものが付くようなのですが、その足跡から私の事を知ってメールをしてきたようです。
話してみると相手も既婚者で、パートナーであるご主人からのモラハラに悩んでいるという事で話を聞いていました。メールが来た時は驚きもし、嬉しくも思いましたがそれでまさか恋愛に発展するとは思ってもみませんでした。

「会ってみない?」というお誘い

しばらく経った時に、向こうから会ってみたいと言われました。その時にはすでにメールを毎日しだしてから、ひと月は建っていたと思います。当時もまだ出会いアプリの中でしかメールをしてなかったのですが、これには理由があります。
やはり出会いアプリで出会う相手というのは、非常に怖いという思いがありこれまで築いてきた家族を失ってしまうかもしれない。ネットは怖いという思いがあったからです。
しかし、いざ相手から会おうと言われれば悪い気はしません。向こうも怖いはずなのですから。それに私は男なのでいざとなればどうにでもなるという思いもありました。できるだけ相手が怖くないように振舞いながら会ってみたのです。

そこに来たのは普通の女性

待ち合わせ場所である、ふたりの生活圏内からは少し離れた北柏駅にやってきた女性は、出会いアプリなんかに居るような感じの女性ではなく、ごく普通の女性でした。派手なイメージがするだけで、実際はこんなものなのかも知れないと思った瞬間でしたね。
それは向こうも同じだったようで、私を見て「本当に普通の人なのね」と言っておりました。私もいたって普通の人だと思います。
まずその日は、軽く食事をして連絡先を交換しました。顔を見たから安心したのか、軽く警戒心は溶けたと感じました。

恋愛に発展するまで

そこからマメに連絡を取りながら、時間が合えば会うようになりそこからは男女の関係に。
私自身も、最後に恋愛をしたのが妻なので大分忘れていた、華やいだ心を取り戻していくようで、自分自身が若返るような気がして毎日がとても楽しいです。もちろん妻には気がつかれてはいけないので、年甲斐もなくスポーツジムに入会し生活自体に変化を持たせたのです。するとウキウキしながらジムに出かける夫を妻は笑顔で送り出してくれるようになったのです。それまでは邪魔もの扱いだったのが、彼女のおかげで家庭までうまく回りだしました。

もちろん、久しぶりの恋愛なので何かと無神経な事を言って彼女を怒らせたり、鈍感な私にイライラしたりと何かとぶつかる事はありますがこの年になっての恋愛は何かとひとつひとつがほほえましいのです。お分かりいただけますでしょうか?懐かしさと同時に、自分の感情を揺り動かせるのが非常に心地いいのです。
まさに私は今、恋愛している。そんな気分なのです。彼女もまた同じような気分なようで、2人で恋愛を楽しんでいます。彼女もまた、夫のモラハラだけで終わってしまう生活から抜け出せたような(実際には抜け出せていないのですが)気分なようで何かと上手くいっているようで、こんな生き方があったのかと人生をやり直しているような気分にさえなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*