寂しい夜に誰かに話を聞いて欲しい時は・・・(25歳 女 受付 栃木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんか夜中にどうしようもなく寂しくなってしまう時ってない?誰かに連絡取ろうってなっても、時間も遅いしわざわざ連絡して話の内容なんて何にもなくって・・・って時に、私は皆には秘密だけど出会いアプリで寂しさを紛らわせてます。
何時であろうが、誰かが居る、話し相手になってくれるというのは私の救いになっています。
今から出会いアプリが無くなったらどうしたらいいの?って思う位には依存してるかな。

寂しい夜は誰かと話したい

こういう無性に夜中に寂しくなることが私にはあります。
なんなんでしょうかね?自分でなんか消化できないんです。
でも、友達の悩みとかだと全く知らない人に相談したいというか、とにかく誰かと話がしたい、というか話をただ聞いて欲しい夜があるんですよね。

出会いアプリに登録していると

絶対に何時であろうが、誰かが起きて私の話を聞いてくれるんです。
たまに今から会おうしか言わない人も居るけど、大抵が話を聞いてくれる。
でも、男性側も会うつもりで出会いアプリをしている訳だから、悪いなという気もするんです。
だから何度か話した人には、時間がもっと早い時に会ってみる?っていうんですが、実際に会うのはその半分くらいですかね。
なぜか向こうが断ることもあります。私としては、私の気持ちを聞いてくれるので会いたいという時もあるんですけどね。

会ってHする時もある

実際に会ってH、という流れもあります。むしろそっちの方が私にも好都合なんですけど、Hしないという人でも会えばなんかそれなりに気が済むというか。
でも、誰かと話したいという時には同時に誰かに触れられたいという時でもあり、その日に知り合った人とHするのは全然いいんです、むしろ嬉しいです。
怖い目には幸いまだ逢った事がありませんが、できるだけ会う前には相手の事も色々聞いて話してみてから会うようにしています。
そんなダラダラとした関係が続くときもあるけど、大抵は一回っきりってのが多いかな。
なぜって私の気が乗らないというのもあるけど、もっといい人いるんじゃないかって欲が出てしまうのかも。
向こうは当然またやりたいって思って、連絡が来るんだけど無視してるといつの間にかまあ、自然に消滅するっていうか。
寂しい気持ちを誰かに会って、癒すことが悪い事だとは思わない。私は、もっとみんなが利用してもいいんじゃないかって思う。
悪いっていう人は、きっと寂しくない人なんだから別に会う人を悪く言う必要はないんじゃないかなって思うんだけど。

既婚者の人の方が優しい

出会いアプリで、探すときには既婚者の方を優先してるの。
だって既婚者だと、なんか優しい。独身の男の子って特に若い子って、なんかとげとげしてるっていうか、話を聞いて欲しいだけなのに傷つけてくることない?
マウント取りたいのかも知れないけど、そういう意地を張ることが既婚者にはないし、何よりも大事に扱ってくれるのは圧倒的に既婚者なんだよね。
寂しい気持ちも理解してくれるし、Hも優しくしてくれるから既婚者を探してみて、見つからなかったら独身。って形にしてる。
既婚者でも出会いアプリには居るし、単身赴任の人も多いから意外にも夜中に捕まるのは既婚者だったりしたのが最初かな?
それ以来、独身の子よりも既婚者が好きって宣言してるとこある。別にそこで奥さんの事なんて考えないし、向こうも考えてないと思うよ。

続く人は3年くらい続く

けど、自然消滅しちゃうんだよね。
でもまた出会いアプリを開けば、また男はいくらでもいるし私から出会いアプリを取ったら、居場所が無くなるという位依存してます。
なんかそういう男の人って、リアルで探したくないというか、全然知らない人と私の本当の、表面的な事を明かさずに、仕事もなんもかんも知らないのに、知らない人と会うって結構ロマンティックじゃないですか?
FacebookとかLINEとかのネットでも、あまりリンクを繋げたくないというか、この居場所はこの居場所。みたいに使い分けたいんです。全部が一緒になると息が詰まってきちゃうんで。
だから私が出会いアプリで、男の人と知り合ってるってのは誰一人知らないんです。言ってないから。
出会いアプリで、会った人と3年くらい付き合うというのではないんですが、私が寂しくなった時にだけ会ってくれる人が居たんですが、向こうが転勤になると自然に消滅してしまうんですよね。
転勤族だと、なんかこっちも気が楽に会えるっていうか。とにかく好きなんです。
こうやってまだ、20代だから好き勝手やってるけど、いつかこういう気が楽な出会いもできなくなるのかなって思うとちょっと寂しい。寂しさの埋め方が分からないからいつまでもやっておきたいって気分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*